2024/02/25(日)キロ6スロージョグ

キロ6 30kジョグをしたら調子が上がりました。

不調でうまく走れないけど無理やりちょっとずつ走っていた。走るとスネが張るので着地が重心の前に寄っているようだけど、気をつけてみても直らないし前に着地している感覚もない。なのでどう修正したものかもわからず闇の中。速く走ってもゆっくり走ってもスネが張るので、この動きのまま走っても変なクセが付いちゃいそうと思って6kmくらいでやめちゃう。気分は最低。

それでもクセが抜けてるんじゃないかと期待して毎日のように走る。ときにはちゃんと走る。右足の股関節の中の方とか筋膜張筋とかが張り過ぎて痛い。変な炎症とかじゃなさそうなのでだましだまし走るけど痛みは抜けない。質が悪いのが、動きが整った瞬間痛みが消える。痛むのは正しく動けていたら使わない筋肉なので。使っているから痛いし、使う必要がなくなれば痛まない。

不調のまま30kを走り始めて、まずはキロ7。調子はどうかな、と意識してみるけどこのペースだと分からん。

ランステに荷物を預けてからキロ6ペースへ。調子はどうかな?わからん。わからないけど、スネに力が入っている様子もないので動きは悪くないかも?その後はなんとなく意識しながらも喋ったりなんだりで20km。給水をとってあと10km。ラスト10kmのあたりから、なんか動きいいかもーという感じ。キロ6といえど30km走るとおしりにしっかりと疲労が入る。

疲労感はほぼおしりと少しのハム。足首は長く走ったので少し固まったかな、くらい。ふくらはぎに疲労が入らなかったのは良い。スゴく良い。

翌日、変な疲労なし。おしりの張りも回復している。股関節や筋膜張筋の張りもなぜか消えた。 30km走った翌日なのに走る前より回復した。

せっかくの30km走を単発で終わらせるのはもったいので小雨の中を10km。走りはじめ。なんか調子いい!スネも張らず走れる気がする!コマザー公園到着。2周走って帰るとだいたい10kmになる。公園に着いたくらいから動きを見失ってしまった気がする1周目。後半でスネが張る。普段はペースを落としてもキロ5半くらいが限度だったけど昨日を思い出してキロ6ちょっとまで落とす。そんな2周目。スネが張り始めるとゆっくりでもしんどいんだけど頑張って走るうちにスネの張りが和らいできた。ゆっくりだからなのか、動きが整ったのかはわからない。

そして帰路。スネの張りはないかも。ペースがうっかり4:30/kmまで上がってしまうので抑えながら走る。後半1km。スネの張りもないし、ちゃんと動けてる感覚!なので抑えず好き放題にペースを上げて締め。

キロ6でのジョグには意味がある、という話を「それはそのくらいの走力の人の話でしょ」と聞き流していたけど、たぶん走力に関係なくキロ6ジョグには意味がある。暇なので一人じゃイヤ。調子が悪いときも途中でやめずにキロ6まで落として様子を見るといいかもしれない。

2023/12/01(金)エコロジー?エコノミー?

湘南国際マラソン。

マイボトル、マイカップって、スポンサーのNorthFaceのプラスチック製品を売るための施策だよね。どうせこの大会でしか使わないし、去年のを使わずに捨てちゃってる人は多そう。確実にNorthFaceは利益が出ていそう。普通に良いことだけど。

間伐材の用途を作って、間伐材で林業の定常的な収入を確保して、山林の維持ができる事がSDGsだと思っている。間伐材由来の素材を使い捨てることはエコロジーに反しない。植林と間伐を繰り返せばCO2の収支もゼロといえる。なので紙カップは悪ではない。石油由来のプラスチック製品は何をどうしてもSDGsにはならない。だから絶対悪という事ではないけども、善にはなりようがない。

スポンサーへの取り繕いとは違うところで、ボランティアスタッフ不足で開催できない大会が多い中、マイカップ、マイボトルを持っている前提で少ないスタッフが多くの給水所を運営できるのはとても良いと思う。河川敷の大会はこれをもっと取り入れても良い気がする。公認大会では無理だし、地方の大会はエイドが差別化要素だったりするけど、そうでない小規模大会は取り入れるメリットがある。湘南国際マラソンが旗を振って普及させてもいいのでは。

エコはエコノミーって事なのかも。

2023/02/18(土)脂肪を代謝する体質

回路自体はTCA回路なので滞ることはない。滞ったら糖質の代謝も滞るので大変なことになる。

じゃぁその前段か。リパーゼが足りないなんて事があるか?アセチルCoAが不足する事があるか?カルニチンが不足することがあるか?そもそも代謝回路が不活化する事があるか?

ねーわ。少なくとも普通に食事をしていたらメチオニンは不足しない。不足したら脂質代謝なんてレベルじゃなく大変なことになる。

ていうか、並べてみたら全っっ部滞ったり活性が下がったりしようがない機能しかない。