2015/03/07(土)Bellman CX-25をしばらく使ってみて

直火式エスプレッソマシーン bellman CX-25 をしばらく使ってみて気付いたこと。

2点。
1. O-リングがなくなる
2. お湯を事前に沸かしてはダメ

1. O-リングがなくなる
リデューサーと漉し器の間に入るパッキンがなくなりやすい。
無くてもいい気がするけど、これがないと、コーヒーが若干薄くなってしまう気もする。
シリコンゴムシートをオルファのサークルカッターで切り取って自作できる。

2. お湯を事前に沸かしてはダメ
お湯が沸騰して抽出が始まるタイミングがわからないので、コーヒーを淹れるときはコンロに張り付いていないといけない。この時間を短縮、かつ時間を読みやすくするために沸かしたお湯で始めたくなる。
多少は問題ないけど、沸く直前のような、熱湯から始めるとコーヒーを蒸らす時間が足りずに薄いコーヒーが出てしまう。蒸らしが足りないどころか、コーヒーが乾燥したまま抽出が始まってただのお湯が出てくることもある。
せめて、さわれる程度のお湯から始める方がよい。


エスプレッソではないけど、ストレートでおいしく飲める上限くらいの濃いコーヒーが入る。
エスプレッソらしい苦味がほしければ、蒸気混じりになってからもしばらく加熱抽出を続けるとエグい苦味が出る。ミルクを入れてラテやカプチーノにするときは、この辺のエグイ苦味があった方がおいしいこともある。


出てくるコーヒーには不満はないけど、パーツが多いので準備、片付けが面倒。失くすし。
ブリッカ買っちゃおうかな。
OK キャンセル 確認 その他