2022/09/18(日)続・ht27xxがない

ASMedia の SATA カードを買ってきた。
ドライバに追加のファームウェアが含まれるという、あまり筋が良くなさそうものを無理に延命することもないかな。

ディスクを外してつなぎ直すとデバイス名が変わってしまうので、ディスクを外す前にGPTラベルをつけよう。
GPTパーティションを切っていなかったのでGPTパーティションを切ろう。

続きを読む

2014/03/01(土)iSCSI と VLAN と lagg

NetGearのGS724Tを買いました。
  • iSCSIを別ネットワークに分けてみる
    • ネットワーク越しに何かしている時でも、ディスクアクセスとトラフィックを分ける
  • LACPでサーバのネットワークを太くしてみる
    • 現状、何かボトルネックになる要素を持っていないので多分効果はない
Untagged なポートのメンバーにしても疎通が取れなかった。
PortBase VLAN のポートに設定すると疎通がとれた。
そういうもの?
iSCSI の速度は変わらず。うまくいったようだ。

LAG。
GS724Tの既定値が Static になっているので、LACPに変更する必要がある。
  • em0 に 192.168.1.112/24 を割り当てて、この口を使って通信しているとする
  • 新しく lagg0 を使って通信するように変更する
  • めんどくさいので同じIPアドレスを使って切り替えることにする
  1. lagg0 を作る
  2. lagg0 に em3 を参加させて up だけしておく
  3. em0 を落とすと同時に lagg0 に IPアドレスを割り当てる
    • em0 には mtu 9014 が設定されているので、これを元に戻す
という無茶を行うことにする。
#ifconfig lagg create
lagg0
#ifconfig lagg0 laggproto lacp laggport em3 up
# arp -ad
#ifconfig em0 delete down; ifconfig lagg0 192.168.1.112/24 up
うまくいくと接続が切れない。
切れなかったなら、のんびりと em0 を lagg0 に参加させる。
# ifconfig em0 mtu 1500 up
# ifconfig lagg0 laggport em0

2014/01/18(土)samba4メモ

ADの動作はめんどいので抜きにして、ユーザーの作成メモ。
samba-tool user create ${USER} --uid ${USER} --gid-number ${GID} --rfc2307-from-nss
smb4.conf に追加
idap_ldb:use rfc2307 = yes
uid が一致しないとUnixアカウントと紐つかないので、アクセス権が足りない状態になる。