dns/bind99

dns/bind99 を使ってみる。
きっかけは、samba4 を試験環境に入れてみた際に、DLZ が有効で kerberos 関連のライブラリとリンクした bind が必要だったので。

REPLACE_BASE="YES" で入れれば楽なんだけど、mergemaster でグダグダ言われそうなので /usr/local に入ってもらう。
src.conf で WITHOUT_BIND="YES" を設定してから world を入れて、mergemaster まで済ませてからのほうが混乱も少ないと思う。nslookup とか、リゾルバ関連のプログラムやライブラリも bind が提供してるので、2つ入ってると色々面倒が起きそう。

/usr/local/etc/rc.d 以下には起動スクリプトがない。
/etc/rc.d/named から起動しようとすると色々と文句を言われる。

rc.conf に下記を追加。
named_program="/usr/local/sbin/named"
rc スクリプトはこのパラメータから /usr/local を切り出して、このパスを基準に後の事は調整してくれるようだ。


いつからかはわからないけど、jail 環境でも chroot できるようになってた。security.jail.mount_devfs_allowed とかがその調整のために出て来たのかな。
prefix がバイナリに埋め込まれてるようなので、$chrootdir/usr/local 以下におく必要があるファイルがあるけど、mtree ではそこまで考慮してくれてないっぽい。
OK キャンセル 確認 その他