2021/07/13(火)走った距離は裏切らない

走った距離は裏切らない。

月間走行距離のために距離を踏めば月間走行距離が伸びる。
音楽を聞きながら流せば気持ちいい。
マラニックで遊びに行けば楽しい。
怪我を推して走れば怪我を推して走った根性が付くのかもしれない。

それぞの目的を持って走ればそれぞれの目的が適う。

走力の向上を目的に走れば走力が向上する。
走力の向上を目的にしないで走れば走力は向上しない。それは裏切りじゃない。


走った距離は裏切らない。

2020/05/31(日)ウゴウゴのタケノコ

パーソナルランニングコーチYoutuberっていっぱいいるんだけど、理論や説明にハラオチできない人が多すぎて気になる。

例えば「つまさきを使え」「足の親指で最後まで蹴れ」という人がいる。

逆の意見もある。
スネの骨に重心が乗らない箇所を使っても力は地面に伝わらない。腱に負荷がかかり怪我の原因になるので良くない。という人がいる。
スネから下はただの道具であり、意図的に力を入れるべきではない。なぜなら、大殿筋やハムストリングスで込められる力に比べてとても小さなものであり、使ったところでさほどの効果はない。という人がいる。

正解はどっちだろう。
上は接骨院ランチューバーから発信されたもの。
下は五輪メダリストや世界レベルの中距離走者が語ったもの。

大抵の場合、間違ったことをいう人たちは、ロクに走っていない。
走ってないというか、ランナーとして理屈が必要な次元まで追い込んだ実績がない。

続きを読む

2020/05/02(土)減量

ランニングを始めたのは単に運動習慣を付けるためで、減量が主目的はなかった。
なかったんだけど、ここ最近順調に減っている。
要因は、在宅勤務によって昼食に油モノを食べなくなったことが大きい気がしている。次いで外食しない事。

それはそれとして世の中のダイエット方法や理論がハラオチしない。
すごくたくさんの方法や理論?と謂われるものが登場しては消えている。少しづつブラッシュアップされて多数の正解しかない世界にたどり着いていてもおかしくないのに、イマイチハラオチしない。

真面目に考えるので、
  • 腸からキロ単位の脂肪が1回で排出される、とか
  • 2日でターンオーバーする腸管の表面に10年分のウンコがこびりついてるとか
  • 炭水化物が脂肪に変わるんです!1、とか
  • 機能ではなく構成要素として働くアミノ酸を錠剤の量で飲むだけで筋肉バキバキ!、とか
並大抵のバカですら引っかからない健康食品は置いておく。科学が息をしている世界線で話をしたい。

有酸素運動、無酸素運動、HIIT ってどうなんだという、地味な話。

続きを読む